タグ別アーカイブ: 借金返済

返済しないと詐欺で刑務所行きと言われたが…

◇息子がサラ金から借金をし、返済できずに親の私に泣きついてきました。サラ金から「返済しないと詐欺で訴える。刑務所行きだぞ!」と、脅されたそうです。本当ですか? 

詐欺罪は「人(相手)をだまして、かん違い(錯誤という)をさせ、相手から金品を受け取る」犯罪です。あなたの息子さんが、最初から返す意思がなく、お金をだまし取るつもりで借りたのならともかく、そうでなければ詐欺罪にはなりません。

一般的に、借主(債務者)が結果的に借金を返せなくなったという場合、貸主(債権者)は債務不履行による民事上の責任は追求できても、刑事上の責任を追及するのは無理なのです。借金を返せないからといって、息子さんが詐欺罪で訴えられ、刑務所行きになることはありません。

どうしても不安なら、消費生活センターなど行政の消費者相談窓口、市区町村の市民法律相談などの無料相談を利用したらいいでしょう。

このケースでは、むしろ「詐欺で訴える!」「返さないと刑務所行きだ!」などと、脅しを使って息子さんに返済を迫った、サラ金の態度のほうが問題です。

このような迫り方が、貸金業法の規制する禁止行為にあたるかどうか、微妙ですが、一般的には、取引上の「駆け引き」として、ある程度までは黙認する傾向にあります。しかし、借主が法律知識や取引実務にうとい一般消費者の場合にまで容認するのは疑問です。