タグ別アーカイブ: コラーゲン

ヒアルロン酸とコラーゲン

コラーゲンやヒアルロン酸は、とても有名な美容成分で乾燥肌に効果的であるといわれていますが、関節痛にも有効です。
コラーゲンやヒアルロン酸を摂取すると、どのような作用があるのでしょうか。
ヒアルロン酸は、本来、皮膚や関節、目など、人間の体の中のいろいろな部分にあるゼリー状の物質です。
とても柔らかく、高い保水力を持っているのが特徴です。関節にあるヒアルロン酸は関節の潤滑油として機能し、皮膚のみずみずしさを維持しています。体内のヒアルロン酸の量は、生まれた時が一番多く、その後減り続けていきます。年齢を重ねると皮膚がカサカサして弾力がなくなり、たるみやしわが増えるのは、加齢とともにヒアルロン酸の量が減少するからなのです。
コラーゲンは、たんぱく質の一種で体内のたんぱく質の約3割を占める物質です。
真皮、軟骨、靱帯、骨に多く存在しています。繊維状の硬たんぱく質で、弾力と強度があるのがコラーゲンの特徴です。
体内の細胞をつなぎ止める働きを持ち、細胞や内臓に存在しています。
コラーゲンは、ヒアルロン酸と同じく加齢によって減少していきます。
また、体内に存在しているコラーゲンも加齢と共に劣化していきます。コラーゲンはなくならないと新たに作られないので、劣化したコラーゲンがある状態では肌は弾力を失い、代謝も低下します。
新鮮なヒアルロン酸とコラーゲンは、肌や関節、靭帯にとって、とても重要な成分なのです。