タグ別アーカイブ: キャビテーション

なにをどれだけ食べればいいの?

ひとつひとつの食品には、さまざまな栄養成分が含まれています。三大栄養素といわれている糖質(炭水化物)、タンパク質、脂質のほかにも、食物繊維、ビタミン、カルシウム、鉄分などなど。どの栄養素もバランスよく摂ることで、カラダは健康を維持しています。

深部筋エクササイズには、とくに「タンパク質」「ビタミンC」「ビタミンE」「カルシウム」の4つの栄養素が必要になります。だからといって、これらの栄養素が多く含まれるものだけを食べるのでは、栄養のバランスが偏ってしまいます。

私たちが主食として食べている主なもののエネルギーは、白飯(184kcal)、食パン(158kcal)、そば(316kcal)、スパゲッティ(149kcal)、うどん(252kcal)です。主食とされているものにも、微量ではありますが、タンパク質やカルシウム、ビタミンCやEが入っています。

私たちは、1回の食事でさまざまな食材を口にします。それらの食品から少しずつこれらの栄養素を摂取すればよいのです。そうすれば、ほかの栄養素も摂取でき、栄養のバランスがくずれることなく、食事をすることができます。

エネルギー計算は、市販されている「食品成分表」を参考に計算します。初めのうちは難しく思えるかもしれませんが、慣れてくると簡単に計算できるようになります。