主婦キャッシングとクレジットカード

主婦キャッシングが難しくなった場合、まっさきに考えるのがクレジットカードの枠内でキャッシングをすることではないでしょうか。
カードキャッシングの借り入れも、年収の3分の1の枠に入ってしまいます。
もしその枠以上の金額が必要な場合でも、新規の借り入れはできないという決まりになっています。
また、この枠にはリボ払いのキャッシングや海外キャッシングも含まれます。
クレジットカード際して注意しなくてはいけないのは、使っていなくても持っている枠分が貸付扱いになると言う点です。
たとえば限度額50万円のカードを3枚持っている場合、150万円の貸付扱いとなるのです。
もし夫の収入が450万円だとすると、すでに3分の1に達しているという計算になります。
クレジットカードを複数持っている人は、1~2枚に限定したほうが良いかもしれません。
おすすめなのは、キャッシング枠をゼロにしておくことです。
最近の主婦のキャッシングは、総量規制によって全体的に厳しくなっています。
これまでは主婦が夫に内緒で借り入れをすることが不可能ではありませんでしたが、総量規制が施行されてからは、収入の1/3の金額を超えると新規に借り入れができず、そのことで夫に知られてしまうという事があるでしょう。
キャッシングをする際は、事前に情報収集をしてから計画的に利用することをおすすめします。