アルバイトでもキャッシングできるのか

キャッシングは、アルバイトの人も利用可能なのでしょうか。
2010年の貸金業規制法の改正により、定職がない人やアルバイトで収入が少ない人のキャッシングが厳しくなりましたが、利用者は増えているようです。
収入がないからお金を借りて、利息が高くて返済できないというケースが大量に起き、社会問題に発展したということもありました。
また、さらに増えているのが、高額の利息で貸し付けをおこなう悪質な貸金業者の横行です。
そのため、法改正は貸し出す金融機関への取り締まりを強化するという狙いもあったと言われています。正規雇用ではなく派遣社員やアルバイトとして働いているため、収入が不安定な人や無職の人でも、キャッシングをよく利用するそうです。
本当にお金に困っている人はそれだけ多いということでしょう。
アルバイトなどで少額でも収入がある場合、貸し出しはまったくできないというわけではないといいます。
新しい法律では、借入金の限度額は、年収の3分の1以内と定められました。
アルバイトなどで収入が少ない場合でも、年収の3分の1までなら借り入れができるということです。
キャッシングを申し込む時には、あらかじめ申告しておけば、アルバイト勤務でもキャッシングの利用が可能かもしれません。