機能性食品の効果について

栄養補助食品や機能性食品というのは、健康食品の中でも、不足しがちな栄養素の配合を特に強化した食品のことを指します。
機能性食品という制度ができたのは、健康食品ブームに伴って大量に出回った粗悪品との区別をするためでした。
昨今の日本は、長寿化と高齢者によって健康への関心が非常に高く、健康食品はとても人気があります。
その一方で、悪質業者による誇大広告の横行に歯止めをかけるため、制度が整備されたのです。
規制前は、飲むだけで痩せる、血圧が下がる、といったように症状を治したり薬と間違えられるような表現をする健康食品がたくさんありました。
高額な商品を販売する業者も多く、社会問題化していました。
薬には、症状を抑える効果があるのと同時に副作用もあるので、用法用量の規制が不可欠です。
どのような症状や病気に効果があるかという根拠と実績データがあるからこそ、効能として薬の効き目を宣伝することができます。
副作用については、機能性食品は大量に服用しても、体内に吸収されず排出されることが多いので、基本亭にはないといわれています。
機能性食品が効能や効果について具体的に宣伝することが禁止されているのは、確実な健康効果や効き目が科学的に実証されていないからです。健康食品の中でも、機能性食品や栄養補助食品と表示されている商品は、原則として一定の栄養素が配合されていなければなりません。厚生労働省の認可を受けている特定保健用食品は、特に健康に効果が期待できるでしょう。