機能性食品と特定保健用食品

健康食品と呼ばれる機能性食品や特定保健用食品、栄養補助食品の中には、他の製品と差別化を図った呼び方をする健康食品があります。
その違いを具体的に理解して購入している人は意外に少ないようです。
特定保健用食品は、食物繊維入り飲料などの機能性食品を指します。特定の効能を目的として摂取する人に対し、摂取することで当該保健の目的が期待できるという表示ができる食品です。機能性食品の中でも、厚生労働省が一定の効果を認めて認可したものだけが、特定保健用食品という表示をつけることができます。
一定の栄養素を含んでいる場合は、機能性食品、栄養補助食品という表示をメーカーの判断で付けることができます。
人間が生きるうえで欠かせない栄養素を補うことを目的としたものが、栄養補助食品や機能性食品として販売されます。
特定保健用食品は、中でも一定の健康効果が認められたものなので、ほかのものよりも確実に効能があると思って間違いないでしょう。
特定保健用商品という表示のない健康食品に関しては、普通の食品とほとんど変わり無い扱いになっています。
健康効果を期待してサプリメントや食品を購入する場合は、機能性食品、栄養補助食品、特定保健用食品のどれなのかを確認してから選ぶことをおすすめします。