機能性食品とは

機能性食品、栄養補助食品、特定保健食品といった言葉のついた食品を目にすることが増えてきました。
以前はこれらをすべて総称して、「健康食品」と呼んだものですが、ここ数年は健康食品の事をサプリメントと呼ぶことが増えているようです。健康的な効果を誇張して宣伝する業者があることや、薬品との区別がつきにくいといったことから、効能に関する誤解や勘違いなどのトラブルが増えているのは事実です。効果や効能に根拠のない食品を、健康食品と称して高額で販売している悪質な業者も多かったといいます。こうした経緯から、厚生労働省は健康食品の表示について規制をはじめました。
メーカー側はそれに対処する形で一定の栄養素を配合したものを適切な宣伝文句で販売するようになりました。
特定の症状に効くことを謳えるのは、法律上医薬品以外認められていません。医薬薬ではない機能性食品は、効能に関する宣伝活動をおこなう際、法に触れない文言にとどめておかなければならないことになっています。薬以外は食品扱いになっていますが、それ自体に規制がないので品質の良い健康食品と粗悪な健康食品の区別がつきません。
配合成分の栄養素についてアピールしている機能性食品は、ほかの食品よりも健康的な商品で、体に良いというイメージをアピールしています。
購入する時にはどのような成分がどのくらい含まれているのかを確認しましょう。