ウエストの引き締め

ダイエットでウエストを引き締めたいという人はたくさんいます。しかし、運動をしていても、筋肉は加齢と共にだんだん衰えていくものです。
ウエストに脂肪がついてたるみやすくなるのは、普段から運動不足の人です。
ウエストには皮下脂肪と内臓脂肪の2種類があり、いずれも生命活動のエネルギー源となる大切なものです。
脂肪が蓄積されすぎると健康にも良くない影響があらわれます。ウエストを引き締めるには、背筋と腹筋をバランス良く鍛えるのがポイントです。
脂肪を燃焼させる以外に、ウエストを効果的に引き締めることができる方法があるそうです。
下腹部がポッコリ出たり、お通じが数日に1回の人は、便秘を治すことでウエストを引き締めることができます。
腸に空気や老廃物が溜まっていると、お腹がポッコリして幼児体型に見えます。
腸内環境を整えて腸の働きを良くすることで、便秘の解消に効果があります。
また、食生活の改善もおすすめです。ただし、ウエストを引き締めたいからといって食事量を極端に減らすと、腸に送られてくる物が少なすぎて腸の活動が低下することもあるので気をつけましょう。また、ウエストのたるみは猫背を直すと解消することがあるので、背筋をピンと伸ばしておへそに力を入れ、腹部に緊張感のある姿勢を保つことを意識しましょう。