標準体重の知られざる不公平

標準体重といえば、[(身長-100)×0.9]の算出方法がもっとも一般的です。この算出方法が覚えやすいため、誰もが記憶しているのではないでしょうか。ところが、これだけでは体脂肪の状態まで見ることはできません。しかも、「身長の高い人には甘く、低い人には辛い」という意外な欠点も指摘されています。

そこで、身長が低いければ肥満傾向、身長が高ければ、非肥満傾向に、判定されやすいのです。また、健康との関係についていえば、この標準体重が「健康的な生活を営むための理想体重である」といえない点も問題です。

では、見えない体脂肪や健康度が反映できる判定法とは? いま、国際的に通用する体格指数として、BMIがあります。その計算法は、もし、身長160cm 、体重55kg の人のBMIを算出する場合は、[55÷(1.6×1.6)]=およそ21.5。日本肥満学会の判定基準によると、BMI値22が標準的です。

統計的に見て、この数値の人がもっとも病気にかかりにくく、健康で長生きできるタイプ、と判断されます。また、標準体重は、「身長(m)×身長(m)×22」で算出します。

BMIによる肥満度の判定は、[(身長-100)×0.9]の算出方法によるものと比較して、体脂肪との関連性が高いとされています。

本来、ダイエットとは「目標通りに痩せたからもう終わり」とか「標準体重だからやらなくていい」というものではありません。美と健康のために、誰もが一生の問題として取り組む必要があることを、ぜひ頭に入れておきましょう。シミ消しに効く