電気料金とクレジット

電気料金は、クレジットを利用して支払うことができます。現在ではクレジットカードを使用した買い物は一般化していて、まったく珍しくなくなっています。
日用品や食品の買い物でもクレジットカードを使用する人が多く、電子マネーの普及もあり、最近では現金の所持率が減っているそうです。
ポイントシステムのあるクレジットカードは、カード決済のたびに利用額に応じたポイントが貯まるようになっていて、お得に活用できます。
以前は、ガスや電気料金など公共料金の支払いは、口座振替でおこなうのが一般的でしたが、最近はクレジットカードで公共料金の支払いができる地域もあります。
東京電力では、口座振替での支払いの場合50円の割引サービスが受けられますが、クレジットカードでの支払いでは適用されません。ただし、クレジットカードのポイントは貯まるので損をすることはないといえるでしょう。
毎月の電気料金が常に5000円を超えている場合、クレジットカードで支払ったほうがお得になるといわれています。ポイントの貯まり方やサービス内容はクレジットカード会社によって異なりますし、電気料金も家庭によって異なります。
クレジットカードによっては年会費がかかる場合もあるので、電気料金を支払うためだけにクレジットカードを作るのは、お得ではないかもしれません。