リフォームローンの審査

リフォームローンを組むときは、他のローンと同様、審査に通る必要があります。
審査の内容や基準は金融会社によって異なり、ほとんど公表はされていません。
審査に通らなかった場合に担当者に問い合わせても、その理由や審査内容は教えてもらえないことが多いようです。
審査について不安があっても、リフォームローンはほとんどの場合は無事に審査に通るようなので心配いりません。
ただし、リフォームローンはある程度収入があれば誰でも通ると思っている人もいるようですが、それはまちがいです。
金融会社は、収入が高いことより安定していることを重視する傾向にあります。そのため、同じように収入があっても歩合給の職業より、固定給の職業に就いている人のほうが審査に通りやすいといわれています。
そして、リフォームローンの審査は、これまでローンの滞納経験がある人や他社で高額ローンを組んでいるという人は通りにくいようです。
審査に通りやすいのは教職や公務員、もしくは勤続年数の長い人です。転職をした人も年収がアップしていることが証明できれば影響がない場合もあります。
無理をしてリフォームローンを組んでいる場合は、厳しいでしょう。審査に通るためには、無理のない返済計画が立てられるような金額で申し込むことがポイントになります。