リフォームローンの減税措置

リフォームローンの減税措置には、どのようなものがあるかご存じですか?
住宅ローンに減税措置があることは広く知られていますが、リフォームローンにも税制上の優遇があるようです。
平成21年からの税制改正によって住宅ローン減税が拡充され、中古住宅のリフォームや増改築にも適用されるようになりました。
控除対象となるためにはいくつかの条件があります。
間取りや水回りの改築のような大規模なリフォームを計画している場合、リフォームローン控除について知っておくと良いでしょう。
リフォームローンの控除対象になるかどうかは、融資を受ける金融機関や地域の税務署に問い合わせるとわかります。
リフォームローンを組むと、当然手数料や利息が発生しますが、控除の対象になればその手数料を控除分でまかなうことができるかもしれません。
自己資金でリフォームをするよりもお得です。
控除の金額は、年末のローン残高の1%となります。所得税で控除しきれない分の一定金額は住民税から控除することもできます。
所得が少ない場合は、ローンの負担を軽減しやすいように控除できます。適切なリフォームローン控除を受けるためには、事前に控除条件や必要書類について把握しておいた方が良いでしょう。