リフォームローンとは

リフォームローンには、どんな特徴があるのでしょうか。
家を建ててから何年か経過し、リフォームをしたいと思っているけど、住宅ローンがまだ残っているからどうしよう…と思っている人は意外に多いそうです。
手持ちの資金の範囲内でリフォーム済ませようと計画しても、実際に日程や工事内容を決めていくとその予算をはるかに上回る費用がかかることが判明してビックリということもあります。
そんな時に役立つのが、リフォーム費用の融資が受けられるリフォームローンです。住宅の新築や新規購入ほど高額にはならないリフォームローンは利用しやすいローンといえます。
リフォームローンは、住宅ローンと同様、公的ローンと民間ローンに分類されます。
民間融資では、いろいろな金融機関がリフォームローンを取り扱っていて、公的ローンは自治体融資、住宅金融公庫融資、年金住宅融資などがあります。
1,000万円を越える高額の融資を希望する場合や、返済期間が中長期にわたる場合は、固定金利制のリフォームローンがおすすめです。
短期間で返済する予定なら、変動金利制の民間の低金利リフォームローンを利用すると良いでしょう。
条件によっては、返済総額を低く抑えることができます。
ローンを選ぶ時は、いくつかを比較して条件に見合ったものを選びましょう。
判断が難しい場合は、ファイナンシャルプランナーなどの専門家にアドバイスしてもらうのもおすすめです。