バイクローンと金融会社

金融会社のローンを利用してバイクを購入する人がいます。欲しいバイクがあっても手持ちの資金がないという場合、思い切ってローンを組んでバイクを購入するというのはひとつの方法です。バイクを購入する時のローンは、ほとんどの場合販売店に問い合わせると紹介してもらえます。
その際、金利やローン形態については自分で確認する必要があります。バイク販売会社が取り扱っているオートローンは、クレジットカード会社の信販系ローンが多く、金利がやや高めに設定されています。
低金利ローンでバイクを購入したい場合、銀行系ローンを使用したほうがいいかもしれません。返済計画をしっかり立ててからバイクローンを組むようにしましょう。バイクローンは、他の自動車ローンと同様、アドオン式と呼ばれる方法が採用されていて、返済金額が決められています。アドオン式とは、借入金に対する利子を計算し、それに基づいて返済を行う方式です。
借入金額の残高が減っても元本に対する利息がつくという特徴があります。繰り上げ返済をする場合、信販系ローンの多くは途中解約とみなされるため解約手数料が発生することが多く、返済総額が増えてしまうという話があります。バイク購入にローンを利用するなら、信販系ローンは使わず、繰り上げ返済できる金融機関のローンで借り入れするのがおすすめです。