カテゴリー別アーカイブ: 健康

カロリーより血糖値コントロール

日本では穀類を主食と呼び、毎食欠かせませんね。だからこそ、知ってほしいのが、白い砂糖や白米など精製された炭水化物のデメリットです。

精製された白い食品は、食物繊維やビタミン、ミネラルが抜けた状態なので、体内に急激に取り込まれ、血糖値を一気に上昇させてしまいます。

血糖値とは血液中のブドウ糖量。体や脳を動かす大切なエネルギーですが、問題は、血糖値が急激に上がると、インスリンというホルモンが大量に分泌されてしまうこと。それは美と健康に多大なダメージをもたらします。

過剰なインスリンには、消費しきれずに残った糖を脂肪に変える作用があるため、太りやすくなってしまいます。シミ、シワなどの原因になるうえ、細胞レベルでも炎症を発生させ、老化も早めてしまいます。

激しい変動の繰り返しは、生活習慣病をも招きやすくなる結果に。また、急上昇した血糖値は、その反動で急激に下がりやすく、またすぐに何か食べたくなるという悪循環を引き起こします。

太らない体をめざすなら、血糖値を乱高下させず、ゆるやかに保つことが何より重要。血糖値を穏やかに保つ食べ方は、脂肪燃焼率をアップさせ、脂肪が蓄積される割合をダウンさせるのです。

血糖値コントロールこそ痩せ体質のカギ、美女の王道と心得てください。うまくコントロールできれば美しさだけでなく、メンタル面でも疲労感を減らし、集中力もアップ。思考をクリアにし、安定した精神状態が保てます。ハーレクインライブラリー

家庭で視力回復する方法

眼科病院で視力回復の治療を受けること以外に、家庭で視力回復する方法もあります。
確実に視力回復するなら、医療機関でレーシック治療を受けるのが良いですが、レーシックは保険適用外なのでかなり高額な費用がかかります。
一般的にはレーシックの治療費は10万円以上の金額がかかるため、経済的な事情で治療を断念する人も少なくありません。
視力回復の方法には、レーシックのような外科的治療ではなく、視力回復センターに通ってトレーニングをするという方法もあります。
ただしこの場合、視力回復のトレーニング方法はセンターによって大きく異なり、効果にもかなり個人差があるそうです。
視力回復センターの中には、医学的に効果が実証されていない方法をおこなっているところもあるので、通う場合には事前にトレーニング内容や口コミなどをチェックしておいた方が良いかもしれませんね。
インターネットの通販サイトなどを見て気になるのが、家庭で視力回復ができるという商品の数々です。
一例としては、目の健康に良いといわれてブルーベリーやビルベリーのサプリメントです。
目を酷使するような仕事をしている人や、視力の低下が気になる人に注目されている人気商品です。
サプリメントなら誰でも簡単に購入できるので、視力回復を期待して手軽に試してみると良いでしょう。
ヤツメウナギのエキスなども視力回復に期待できる成分が含まれているそうです。
他には、ピンホールがたくさん空いた眼鏡をかけて視力を回復させる方法や、目の周りにあるツボを刺激するといった方法もあります。
こうした方法は、毎日続けることで一定の視力回復効果が期待できるといわれています。
視力回復効果には絶対的な保証はなく、効果に個人差もありますが、自分に合った方法を見つけて試してみたいですね。

眼科で視力回復する方法

急に視力が低下したと感じた場合、自己判断をせずに早めに眼科を受診したほうが良いですね。
なぜなら、視力の低下は、近視のほかにさまざまな目の病気の可能性が考えられるからです。
眼科を受診すればどのくらい視力が落ちたかも数字でわかるし、初期段階なら近視の治療で視力を回復することも可能です。
視力の低下が気になって受診して検査した結果、目に異常がなかった場合は一般的な近視であることがほとんどです。
一度落ちてしまった視力を回復させるのは難しいといわれていますが、近視の度合いによっては治療できることがあります。
特に子供の場合は、適切な眼科治療で視力回復が望めることがよくあるのです。
視力回復の治療ができるのは仮性近視の場合に限られますが、点眼薬による視力回復法もあります。
最近では、眼科でおこなう視力回復法の主流はレーシックとなっています。
レーシックは、角膜にレーザーを照射して視力回復を試みる方法です。
視力が安定していない子どもの場合、レーシックによる視力回復をおこなうことはできません。
大人の近視はレーシックによって視力が回復することができますが、ある程度の年齢を超えてからレーシックを受けると老眼が進むといったデメリットもあるようです。
そのため、レーシックは若い人向けの視力回復法と思われていましたが、最近はレーシックに似た方法で老眼を回復させることもできるそうです。
老眼の回復方法は限られた医療機関でしかおこなわれていないようなので、一般的に普及するにはも少し時間がかかりそうですね。

視力回復の方法

視力回復の方法を知りたい、と思っている人は多いと思います。
日本人は、世界的に見てもあまり視力が良くない民族であり、眼鏡を掛けている人もかなり多いといえます。
視力低下のもっとも大きな原因は、テレビゲームやインターネットの普及によって目を酷使するようになったことが挙げられます。
現在の日本では、近視の低年齢化は年々加速しているといわれています。
視力が悪くなるとなにかと不便なので、どうにかして視力回復を目指したいところですが、一度近視になってしまうともとには戻らないというのが一般的な常識となっています。
子どもの場合なら多少の視力回復は望めるのかもしれませんが、大人になると視力回復はとても難しいのが事実です。
最近は視力回復に関する書籍などが多く出版されていて、美容や健康雑誌でも視力回復をテーマにした特集を目にする機会も多くなりました。
視力回復トレーニングの体験談や具体的な内容なども雑誌広告には載っているので、視力回復を望む人にとっては気になると思います。
視力回復センターなどに通うことで視力を回復したという人も多いですね。
他には、サプリメントの服用やツボ刺激などの視力回復法もあるようです。
視力回復を望む人にとって、こうした方法には個人差があることはわかっていても、どれも気にはなるのではないでしょうか。
また、最近ではレーシックで近視を治す人も増えています。
この手術は眼科の専門医が行うので、より確実で安全に視力回復ができる方法といえるでしょう。
ただし、健康保険の適用外でもあるレーシックは、術後のトラブルや副作用なども報告されており、それなりのリスクが伴うことは知っておく必要があります。