カテゴリー別アーカイブ: ダイエット

「肥満」とはどんな状態?

「最近、食べ過ぎて2キロも太っちゃった!」「運動をやめてから、どうも体が重たく感じです」女性は“太った”ことを気にして、よくこんなことを話します。でも、それは思い違いです。肥満は、体重が重いことではありません。人間の体は、おおまかに「水分」「筋肉」「脂肪」の3つで構成されています。

いちばん多いのが水分で、全体重の50~60%を占めています。筋肉は15~20パーセント、脂肪は15%~25%という割合になっています。肥満とは、この3つのうち、脂肪の割合が多くなった状態をいいます。ですから、たとえ体重が重くても、筋肉がきちんとついていて脂肪の割合が少なければ、それは肥満と呼びません。

たとえば、150キロ以上もの体重があるお相撲さんのなかには、実際には筋肉が多くて脂肪は少なく、肥満ではない人もいます。見た目に太っていたり、体重が重くても、肥満であるとは限らないのです。

自分が肥満かどうかを調べるには、体重だけではなく、体脂肪率で判定します。脂肪だけの重さを脂肪体重といい、脂肪体重の占める割合を体脂肪率といいます。

普通、体脂肪率は、男性は15~19%、女性は20~25%が標準とされています。肥満は、この標準値を超えて、男性で25パーセント以上、女性で30パーセント以上になった場合をいいます。

つまり、「体重が重いから肥満」ではなく、「体の中の体脂肪が増える事が肥満」なのです。したがって、ダイエットとは、体重を減らすことではなく、体脂肪を減らすことなのです。ひげ 永久脱毛

ここ数年「悪い肥満」が急増している

脂肪には、つきやすい場所とそうでない場所が存在します。黄色人種の場合、足首、ふくらはぎ、ひざの内側、太ももの外側、股間、お尻の下部、お尻の横側、下腹部、ウエストまわり、背中、二の腕、あごの裏、目の下といった場所に皮下脂肪がつきやすいものです。

これらは目に見えるところですから、脂肪がつくと気が付きやすいのですが、多少ついたとしても、短期間では健康にそれほど大きな影響を与えないので、一応「良い肥満=皮下脂肪型肥満」としましょう。

ところが、脂肪はこれらのほかにも溜まってしまう場所があります。それは内臓です。内蔵につく脂肪は、他の部分につく脂肪とは大きく異なります。

それは健康に大きな影響を与えてしまい「死」につながるような病気の原因になるからです。こういった内臓に脂肪がたくさんつき、生命に危険を及ぼすような肥満を「悪い肥満=内臓脂肪型肥満」といっています。

BMIはそれだけでは肥満の目安には使えないことがあります。たとえ、身長と体重のバランスが良くても、肥満傾向にある場合が少なからずあるのです。

健康に大きな影響を与えないからといって「良い肥満」が本当に“良い”わけではありません。良い肥満は冷え性の原因にもなりますし、皮膚が荒れるといったことも引き起こしてしまいます。良い肥満からしだいに「悪い肥満」へと移行することもあるのです。ですから、「良い肥満」であっても早期に解消したいものです。

それに比べて「悪い肥満」は心筋梗塞や脳血管障害の原因にもなりますし、日本人の10人に1人がなるといわれている糖尿病の原因にもなっていくのです。もちろん、ウエストまわりは太くなり、見た目も悪くなるのですから「良い肥満」以上に解消すべきものです。目元美容液 おすすめ

 

ダイエットのために運動をする

運動をすることはダイエットにつながります。
長く続けられる運動をする場合、カロリー消費の多いハードな運動だと難しいかもしれません。
どんなにハードな運動でも、1日やっただけで痩せるということはないので、継続することが何よりも大切です。
運動に慣れていない人は、まずはエクササイズを習慣にして、続けることに慣れながら体力をつけることを考えましょう。
たとえば、普段履く靴を歩きやすいものにかえるだけでも変化が出ます。サンダルやハイヒールは脚に負担がかかりますが、爪先で踏み切ってかかとから地面につく歩き方ができる足に合った靴を履くことで、シェイプアップ効果が得られます。
ウォーキングは、全身バランス良く痩せるために効果的な有酸素運動ですので、せっかく歩くならウォーキングをしているつもりで歩くのがおすすめです。
わざわざ運動をする時間を取らなくても、普段から立つ姿勢や座る姿勢、歩き方などの動作を意識することで消費カロリーも使う筋肉もずいぶん違ってくるでしょう。
エレベーターを使わず階段で移動したり、一駅分歩くなどの心がけも、毎日続けることでダイエットにつながります。
階段の上り下りはウォーキングの3倍のカロリー消費ができるので、階段を使うことを習慣にするのは良いダイエットになるでしょう。
日常生活で取り入れられる運動は習慣化しやすいので、気が付いたらサイズダウンしていたといううれしい結果が得られることもあるでしょう。

家庭でできるエクササイズダイエット

自宅で出来るエクササイズダイエットがあれば、定期的にフィットネスクラブに通ったり、習いに行ったりするよりずっと続けやすいという人は多いでしょう。
実際に、通販のダイエット関連商品では、自宅でできるダイエットマシンを販売しているところがたくさんありますし、自宅でダンスなどのエクササイズができるDVD付きの書籍も人気があります。
時間を問わず気軽にダイエットを行うことができ、移動時間や会費もかからず自分のペースで続けることができます。
ダイエットエクササイズDVDでは、フィットスクラブやスタジオでトレーナーの指導の元エクササイズをするのと同じ要領で、運動することができます。
人目を気にしたり、他の人とペースを合わせなくてもエクササイズができるという点は大きなメリットとなるでしょう。
こうしたエクササイズDVDやダイエットマシンが自宅にあれば、時間や天候を問わず思いたった時すぐに運動ができます。
できるだけ費用を抑えたい場合には、ストレッチやウォーキングなど特別な道具のいらない運動も良いでしょう。
寝る前にストレッチをするのもダイエットに効果的です。簡単なエクササイズでも、継続すればリンパの流れが良くなったり基礎代謝が上がったりして巡りの良い体質に変えていくことができるので、気長に続けてみましょう。

健康的なエクササイズダイエット

体を動かすダイエットは、成功率が高いといわれています。
最近人気のエクササイズダイエットに興味があるけれど、どのようなエクササイズがダイエットに効果的なのかはよくわからないという人も多いと思います。
基本的にダイエットといえば食事制限がメインで、運動は後回しという人は多いようです。
健康的で確実に効果を出すためには、適度な運動をしながらダイエットに適した食事をするのが一番です。
エクササイズをする場合は、ダイエット効果のある内容のものを選ぶのがダイエット成功の近道となるでしょう。
スポーツジムやフィットネスクラブに通うことができれば、専属トレーナーと相談して適切なエクササイズメニューを組んでもらうことができます。
どのくらいのペースや運動量でダイエットを行うか考えてもらえるので成功率は高いでしょう。
最近は、ヨガやピラティスなど、ハードすぎない運動も人気です。無料体験や見学をおこなっているところもあるので、一度試してから通うかどうか決めるのも良いですね。
エクササイズでダイエットをするには、継続して行うことが重要です。ハードすぎる運動は苦痛になって長続きしないので、無理のないペースと運動量で続けることが大切です。
フィットネスクラブでダイエット仲間を作ったり、親しい友人と一緒にダイエットに励むことで、モチベーションが高まるでしょう。

エクササイズでダイエット

健康に良いダイエット方法を探している人には、エクササイズダイエットがおすすめです。
ダイエットに効果的なエクササイズにはいろいろなものがあります。
エクササイズダイエットの代表的なものは、フィットネスクラブでトレーナーの指導のもとで取り組むエクササイズですが、フィットネスクラブに行かなくても自宅でできるエクササイズDVDなども人気があります。
ジムやフィットネスクラブでおこなうエクササイズは、専用のマシンを用い効率的な運動をすることができるので体に合った運動が選べます。
フィットネスクラブは、スケジュール管理をして定期的に通うことができる人には適していますが、急な残業が入る人や不規則なシフトで働いている人は火曜のが大変かもしれません。
自宅でできるエクササイズダイエットのメリットは、自分の都合の良い時間に取り組むことができるという点です。
ただし、自宅でおこなうダイエットは、モチベーションが下がると挫折しやすくなるので、DVDなどを使って自宅でエクササイズをするという場合には、明確な目標とモチベーションを維持することがポイントになるでしょう。

オリーブオイルダイエットの方法について

オリーブオイルダイエットの最大のメリットは、特別なことはしなくても良いという手軽さにあるでしょう。
オリーブオイルダイエットの方法は、毎日オリーブオイルを飲むだけという簡単なものです。もちろん料理に使用しても良いので、オリーブオイル独特の風味が苦手でそのままでは飲みづらいという人も大丈夫です。
オリーブオイルにはいくつかの種類があり、ダイエット法によって適した種類が異なります。
地中海式ダイエットやシャングリラダイエットと呼ばれているダイエット方法もオリーブオイルダイエットの一種です。通常のオリーブオイルダイエットや地中海式ダイエットでは、バージンオリーブオイルという種類のオリーブオイルがおすすめです。
シャングリラダイエットの場合、風味があるとセットポイントを下げる事が出来ないので、あっさりしたピュアオリーブオイルを使用します。
オリーブオイルをダイエットに活用する方法は複数あり、その理屈もそれぞれ違います。
まずは自分に合ったダイエット方法を見つけて、それに適したオリーブオイルを選ぶことが大切です。
どのダイエット法にどのような理屈があり、それによってどのオリーブオイルを選べばよいのか変わってくるので注意したいですね。

オリーブオイルにダイエット効果がある理由

オリーブオイルはどうしてダイエットに良いといわれているのでしょうか。
ダイエット中は、一日大さじ1~2杯のオリーブオイルを摂取することが推奨されています。
オリーブオイルといっても油なので、カロリーは他の植物性オイルと大差ありません。
しかし、オリーブオイルに含まれているオレイン酸は、血中のコレステロール値を抑え、動脈硬化のリスクを低減させる作用などがある健康成分といわれています。
エネルギー代謝しきれないほどの量の油を取り入れた場合、余ったエネルギーは脂肪となって内臓周りなどに蓄えられます。
しかし、オリーブオイルにはオリオロペインという成分が含まれていて、たんぱく質に影響するので、体内に蓄積されるはずの脂肪が分解されて水とエネルギーと炭水化物に変わるのです。
そのため、オリーブオイルはダイエットに良いといわれています。
また、オリーブオイルには小腸を刺激して便通を良くする働きもあるので、便秘がちな方には特におすすめです。
腹持ちが良いという特徴もあるので、市販のドレッシングをやめてサラダなどに良質のオリーブオイルをかけて食べると、自然に食欲が抑えられてダイエット効果はさらに高まるでしょう。

オリーブオイルはダイエットに効果あり

オリーブオイルにダイエット効果があるという話を聞いたことがある人は多いと思います。
オリーブオイルといえども油に変わりはないので、高カロリーと脂質でダイエットの敵というイメージを持つ人もいると思いますが、オリーブオイルはダイエットに役立つ油なのです。
オリーブオイルは、オリーブの実に含まれる油分から作られます。
植物から作られるオイルは、種子を用いることが多いのですが、オリーブオイルの場合は種ではなく実を絞った液体からオイルを抽出して作られます。
オリーブオイルにはピュアオリーブオイルとバージンオリーブオイルがありますが、ダイエットに役立てるにはバージンオリーブオイルがおすすめです。バージンオリーブオイルの中でも、検査や酸度の違いによってエキストラ、ファイン、オーディナリー、ランパンテの4つに分けられます。
ダイエット中の人は油を極力摂らないようにしたいと思っているかもしれませんが、脂質を絶つと髪や肌がカサカサしてキレイに痩せません。
エキストラバージンオリーブオイルなどの良質な油を摂取することで、ダイエットも美容も叶うので、ぜひ取り入れましょう。

1週間でダイエット

1週間ダイエットは、カロリーをコントロールして1週間で着実に体重を落とすというダイエット方法です。
このダイエットで心がけるべき点は、食事による摂取カロリーを抑えることと、体に必要な栄養素をしっかり補給することです。
1キロ脂肪を減らすためには、7200キロカロリーの消費が必要です。つまり、21600kcal控えることによって3㎏の減量が達成できるという計算になります。
この期間を7日間と設定した場合、1日に3085キロカロリーずつ控える食事制限で達成できるということです。
しかし、水泳でカロリーを消費する場合、30分泳ぎて消費できるのは560kcalです。1週間ダイエットに成功するためには毎日欠かさず3時間近く泳ぐことが必要となります。
ジョギングの場合、30分で260キロカロリー消費するので、1日6時間走ることになります。
ウォーキングだと30分で120kcalのカロリーの消費なので、毎日13時間も歩かなければならない計算になるのです。
こうしてみると1週間ダイエットは非現実的なダイエット法のように見えますが、摂取カロリーを減らすことによって、長時間の運動をしなくてもカロリーの摂取量を控えることができます。
高たんぱく、低カロリーの食事を心がけ、普段より多く運動することで1週間で痩せることはできるのです。