カテゴリー別アーカイブ: ダイエット

下半身の引き締め

下半身を引き締めるためには、どんな方法が効果的なのでしょうか。女性の体は上半身よりも下半身に脂肪がつきやすく、そのため洋なし型といわれる肥満タイプになる人が多いのです。
運動不足が続いて筋肉量が減り、代謝が低下すると、心臓から遠い下半身はむくみやすくなってしまいます。
女性の多くは、下半身の脂肪をなくしてキレイなプロポーションになりたいと願っているでしょう。
そうは言ってもなかなか思い通りに引き締まってくれないのが現実です。
下半身の引き締めに効果的なのは、ウォーキングやエクササイズなど、下半身の筋肉を積極的に動か方法です。
エクササイズは、数時間集中してやるようなものではなく、テレビを見たり、食事を作りながらなど、普段の生活に組み込むようなものなら続けやすいと思います。
通勤や通学の時間を、車や電車からウォーキングやサイクリングに変えるという方法もおすすめです。
運動によって体を適度に疲れさせることによって、自律神経の調整にも繋がり、質の良い睡眠がとれるようになります。
下半身痩せで大切なのは、硬くなった筋肉を運動によって柔軟にすることです。
激しい運動ではなくても効果があるので、ヨガやピラティスのような運動もおすすめです。
続けるうちに、1~3ヶ月くらいで筋肉の代謝が上がり、引き締め効果を感じることができるでしょう。
なかなか効果が出ないからといって諦めずに、気長に続けてみましょう。

二の腕の引き締め

薄着の季節は、二の腕のプルプルしたお肉が気になりますキャミソールやタンクトップから出た二の腕がたるんでいる場合、ぽっちゃり体型ではなくても実際の体重より太って見えます。
二の腕には、物を持ち上げたり手前に引き寄せるときに使用する外側の筋肉と、物を下ろしたり、押しやる時に使う内側の筋肉があります。
二の腕の筋肉のうち、内側の筋肉は日頃あまり使う機会がありません。
日ごろ使わない筋肉が衰えて脂肪が蓄積されるのは、当然のことです。セルライトが溜まると掴んだときに皮膚にでこぼこができてしまうこともあります。
二の腕をキレイに引き締めるには、日ごろあまり使わない内側の筋肉を鍛える運動をするのが効果的です。
ダンベル体操は、おすすめの二の腕ダイエットです。ダンベルがなければ、500mlのペットボトルに水を入れたもので代用してもOKです。
引き締めたい方の腕でダンベルを持ち、地面から垂直に持ち上げる運動をおこないましょう。
ポイントは、肘を固定するように意識することです。
ダンベルを引き上げるときは、二の腕の筋肉をギュッと収縮させるようにします。
筋肉を動かすことによって、さらなる引き締め効果に期待できます。
この運動をゆっくりと、1度に10回目安で行いましょう。

ウエストの引き締め

ダイエットでウエストを引き締めたいという人はたくさんいます。しかし、運動をしていても、筋肉は加齢と共にだんだん衰えていくものです。
ウエストに脂肪がついてたるみやすくなるのは、普段から運動不足の人です。
ウエストには皮下脂肪と内臓脂肪の2種類があり、いずれも生命活動のエネルギー源となる大切なものです。
脂肪が蓄積されすぎると健康にも良くない影響があらわれます。ウエストを引き締めるには、背筋と腹筋をバランス良く鍛えるのがポイントです。
脂肪を燃焼させる以外に、ウエストを効果的に引き締めることができる方法があるそうです。
下腹部がポッコリ出たり、お通じが数日に1回の人は、便秘を治すことでウエストを引き締めることができます。
腸に空気や老廃物が溜まっていると、お腹がポッコリして幼児体型に見えます。
腸内環境を整えて腸の働きを良くすることで、便秘の解消に効果があります。
また、食生活の改善もおすすめです。ただし、ウエストを引き締めたいからといって食事量を極端に減らすと、腸に送られてくる物が少なすぎて腸の活動が低下することもあるので気をつけましょう。また、ウエストのたるみは猫背を直すと解消することがあるので、背筋をピンと伸ばしておへそに力を入れ、腹部に緊張感のある姿勢を保つことを意識しましょう。

痩せたい気持ちの根底にあるものは

健康や美容のために痩せたい人は常に大勢いて、ダイエットブームは何年も続いています。
ダイエットは、長期間食事制限や運動のある生活を過ごさなければならないものです。
そのため、絶対に痩せる!という強いモチベーションがあるかないかで、ダイエットの継続に大きな影響が生じます。
一方で、絶対痩せるという強い意志が、ダイエットの原動力になると同時に、強迫観念となってストレスのもとになる人もいます。
どうして痩せたいのか、一度立ち止まって考えてみることも大切です。
痩せたいという気持ちには、必ず原動力となる事柄があるはずです。
痩せた時に、ダイエットの原動力となった事が達成できるのかという部分はとても重要です・
やせてキレイになったら着たい服があるという場合、痩せたらその服が着られるようになるでしょう。あまり良いとは言えないのは、痩せさせすれば自分を好きになれる、痩せたら自分に自信が持てると思い込んでしまうことです。痩せただけで自分に自信が持てるようになるとは限りません。
自分に自信がないから痩せて自信を持ちたいという人は、自信のなさを体型のせいにしていることがよくあります。
まずはそのままの自分を受け入れ、肯定することが大切です。
自分を肯定している人は、充実した気持ちで前向きにダイエットに取り組むことができるでしょう。

標準体重の知られざる不公平

標準体重といえば、[(身長-100)×0.9]の算出方法がもっとも一般的です。この算出方法が覚えやすいため、誰もが記憶しているのではないでしょうか。ところが、これだけでは体脂肪の状態まで見ることはできません。しかも、「身長の高い人には甘く、低い人には辛い」という意外な欠点も指摘されています。

そこで、身長が低いければ肥満傾向、身長が高ければ、非肥満傾向に、判定されやすいのです。また、健康との関係についていえば、この標準体重が「健康的な生活を営むための理想体重である」といえない点も問題です。

では、見えない体脂肪や健康度が反映できる判定法とは? いま、国際的に通用する体格指数として、BMIがあります。その計算法は、もし、身長160cm 、体重55kg の人のBMIを算出する場合は、[55÷(1.6×1.6)]=およそ21.5。日本肥満学会の判定基準によると、BMI値22が標準的です。

統計的に見て、この数値の人がもっとも病気にかかりにくく、健康で長生きできるタイプ、と判断されます。また、標準体重は、「身長(m)×身長(m)×22」で算出します。

BMIによる肥満度の判定は、[(身長-100)×0.9]の算出方法によるものと比較して、体脂肪との関連性が高いとされています。

本来、ダイエットとは「目標通りに痩せたからもう終わり」とか「標準体重だからやらなくていい」というものではありません。美と健康のために、誰もが一生の問題として取り組む必要があることを、ぜひ頭に入れておきましょう。シミ消しに効く

体脂肪は多すぎても、少なすぎても危険

とにかく体脂肪を減らして痩せたい!と、体脂肪を目の敵にしている人がいますが、ちょっと待って。体脂肪をすべて敵にまわすのは大きな間違いです。もちろん、増えすぎた体脂肪は、憎い存在に違いありません。

でも、一方で、なくては困る大切な存在でもあるのです。考えてみてください。体脂肪がすべてなくなってしまったら、これは大変なことになってしまいます。人間のカラダは、主に水分、筋肉、脂肪で構成されています。

3大要素のうち脂肪が欠ければ、カラダのバランスは大きく崩れてしまうでしょう。その証拠に、体脂肪率の少ない痩せすぎの人は、ヒョロッとした見た目通りにパワー不足ぎみですよね。体脂肪の量が平均的な人に比べて病気の抵抗力も弱く、環境の変化にも対応力が弱いのです。

「生理が止まってしまった」「ストレスがたまってイライラしてばかり」過激なダイエットで体脂肪をガクンと落としてしまった人には、こんなトラブルがつきものです。なぜでしょう。実は脂肪組織は、男性ホルモンを女性ホルモンに変化させる場所なのです。

脂肪組織を減らしすぎると女性ホルモン不足に陥って、体にも心にも悪影響が出てしまうのです。女性ホルモンを左右するという体脂肪の働きは、何より見逃せません。ニキビ跡 色素沈着

体脂肪を減らすなら、筋肉を鍛えろ

毎日、1個7キロのダンベルを欠かさず手にしています。これによって、筋肉が着実に鍛えられ、ジョギングなどハードの運動も無理なく行えるようになってきました。

ダンベル体操の良さは、何より毎日15分程度で、無理なく普段着のまま行えること。そして、昔の私のよう超デブの人も、人目を気にせずマイペースでできることです。

たった15分。しかし15分の積み重ねが革命をもたらします。脂肪の最大の燃焼場所である筋肉を鍛えることで、脂肪が燃えやすい体、すなわち痩せやすい体につくり変えていくことができるのです。

筋肉の存在を甘くみては大変です。筋肉不足になれば、体のラインは崩れ、体力はなくなり、しかも筋肉が減るほど体脂肪は減らしにくくなる、といった悪循環が生まれます。

つまり、筋肉が減ったぶん、エネルギーを消費しにくい体になり、むしろ太りやすくなってしまうのです。体脂肪は筋肉があってこそ追放できるもの。

だからこそ、運動で筋肉を鍛え、さらには、筋肉を構成するたんぱく質をはじめ、食事からバランスよく栄養を摂るべきなのです。食事と運動。この両方がベストの条件で整ってこそ、痩せやすい体になれる。

私の場合も、夕食をグルメ、朝はしっかり食べていますが、今まで75~77キロの体重をキープしています。つまり、エネルギーを燃やせる体につくり変えることができた、というわけです。もう超デブには戻らないでしょう。シミを消す方法

体脂肪は短期間では減らせない

ダイエットを成功させるためには、発想の転換がまず必要でしょう。痩せる=体重を減らすこと。体重が減る=体脂肪が減る。ダイエットの成功=痩せる。

という図式が、頭にガッチリへばりついていれば、まずその発想を根本から変えなければいけません。このどれもが、実は正しくないのです。

近ごろ、「体脂肪」という用語も一般的になり、若い女性はとくに、体重に加え体脂肪率にも、とても敏感になっているようです。

もちろん、痩せるためには、余計な体脂肪を取り除く必要がありますが、その本質を知らずにただ痩せようとしても、簡単に体脂肪は追放できません。しかも、体脂肪は焦るほど追放しづらくなる性質のものです。

たとえば、短期集中ダイエットで急激に体重を落としたとしましょう。その場合、体脂肪の減りはわずかで、大切な筋肉や骨も減らしてしまうことが多いのです。体重を減らすために、体を痛めつけてしまう。そんなバカげたダイエットを繰り返している人がいかに多いことか。

本気で、カラダにいいダイエットを、と考えるならば、体重計のハリの動きに一喜一憂することよりも、やるべきことはたくさんあります。体脂肪の正体をもっと知り、それに見合った作戦を考えるべきでしょう。

まずは体重計や体脂肪計から降りなさい! そして、体をダメにするだけの、頭の悪いダイエットは卒業しようではないですか。陰部 黒ずみ クリーム

骨盤+キャビテーションで劇的な変化を体験 

本気でダイエットをしたいのならば、スリムビューディハウスで実践しましょう! 東洋美容が、あなたの美しさを目覚めさせます。

スリムビューティハウスでまず受けていただきたいのが、「ウルトラ骨盤ダイエット」です。このコースは、骨盤+キャビテーションで劇的な変化を体験することができます。1回でサイズダウンを実感したい方に特にお勧めのコースです。時間も80分とたっぷりあるので、しっかりと施術を体感することができます。

このウルトラ骨盤ダイエットでは、キャビテーションシステムを最大限に発揮させるため、脂肪を温め、カップドレナージュでリンパを刺激します。

ダイエットに効果的な筋肉を鍛えるため、スリムビューティハウスならではの施術(Mキューブウェーブ)を組み合わせたボディ―コースとなっているので、ただ単に体重を減らすだけではなく、メリハリのある綺麗なボディラインに仕上がります。

内もも・外もも、ぽっこりお腹、二の腕、背中の脂肪、ヒップ、セルライト。これらの部分が気になる方は、是非ウルトラ骨盤ダイエットを体験してみてください。

たった1回の施術でも、納得の効果を実感することができる本格的なダイエットコースなので、一日も早く脂肪を取り除きたい方は、体験する価値があります!銀クリ

筋力アップで「痩せやすい体」をつくる

肥満を解消するには、ただ食事に気をつけるだけではなく、運動も併せて行なうことが大切です。人間は、筋肉がたくさんあるほど体脂肪が減少しやすい体になります。運動をしない人は筋肉が少なく、そういう人は、いつのまにか痩せにくい体になっています。

食事制限だけのダイエットは、筋肉が減ってどんどん痩せにくくなり、健康までも害してしまう恐れがあります。しかし、だからといって今まで運動していなかった人が、いきなり重いバーベルでのウエイトトレーニングのようなきつい運動をすると、筋肉や関節を傷めかねません。

まずは、いまある筋肉を維持しながら、毎日の運動で少しずつ筋肉を鍛えていきましょう。そこで、効率よくダイエットするための筋力アップ体操をする前に、筋肉を伸ばすストレッチ体操でウォーミングアップを行いましょう。

《太もものストレッチ》立ったまま片足をうしろにまで、手でつかみます。脚をゆっくりおしりのほうへ引き寄せ、太ももの前側の筋肉を伸ばします。そのまま10~20秒静止し、ゆっくり元に戻します。反対の脚も同様です。

《おなかのストレッチ》脚を肩幅に開いて立ち、ゆっくり状態を反らして、おなかの筋肉を伸ばします。そのまま10~20秒静止し、ゆっくり元に戻します。

毎日続けるコツは、体操する時間を決め、少しずつ運動量を増やしていくことです。全身脱毛 最安値