カテゴリー別アーカイブ: 日記

バイクローンの金利について

欲しいけれど金額的にちょっと手が出ないバイクがあります。ローンを利用すれば購入することは可能ですが、その場合、金利に注意する必要があります。最近は頭金不要のバイクローンもあるので、金利を調べてお得なものをリサーチしてみるのも良いでしょう。バイクローンの利用の際には審査があります。金利条件を比較するなら、銀行が扱うオートローンが信販系ローンより低金利になっているようです。JAが取り扱っている自動車ローンにも低金利のものがあるのでチェックしてみましょう。
銀行やJAのローンの場合、低金利で融資が受けられる代わりに、担保が必要になることもあるので注意が必要です。
ローンの返済が不能になると、担保としてバイクが差し押さえられるので気を付けましょう。自動車と比べるとバイクの評価価値は低いので、借入金もそれほど高額ではありません。安定した収入がどのくらいあるか、現在の会社の勤続年数などが審査されます。
借入中のローンがある場合、ローンを利用できないことがあります。過去にローン返済の延滞や返済不能などの事故がなかったかといったこともチェックされます。銀行のオートローンは、バイクローンの利用条件として、保証人を立てなければならないこともあります。中には中古バイクには使えないバイクローンもあるので気をつけましょう。

バイクローンと金融会社

金融会社のローンを利用してバイクを購入する人がいます。欲しいバイクがあっても手持ちの資金がないという場合、思い切ってローンを組んでバイクを購入するというのはひとつの方法です。バイクを購入する時のローンは、ほとんどの場合販売店に問い合わせると紹介してもらえます。
その際、金利やローン形態については自分で確認する必要があります。バイク販売会社が取り扱っているオートローンは、クレジットカード会社の信販系ローンが多く、金利がやや高めに設定されています。
低金利ローンでバイクを購入したい場合、銀行系ローンを使用したほうがいいかもしれません。返済計画をしっかり立ててからバイクローンを組むようにしましょう。バイクローンは、他の自動車ローンと同様、アドオン式と呼ばれる方法が採用されていて、返済金額が決められています。アドオン式とは、借入金に対する利子を計算し、それに基づいて返済を行う方式です。
借入金額の残高が減っても元本に対する利息がつくという特徴があります。繰り上げ返済をする場合、信販系ローンの多くは途中解約とみなされるため解約手数料が発生することが多く、返済総額が増えてしまうという話があります。バイク購入にローンを利用するなら、信販系ローンは使わず、繰り上げ返済できる金融機関のローンで借り入れするのがおすすめです。

ローンでバイクを購入

ローンはいろいろなシーンで使える便利なものです。住宅ローンや自動車ローンのほか、バイクローンもあります。
ローンを組むときの目的は、家や車という人が多いですが、バイクにもローンは使えるのです。バイクローンは、他のローンより金利条件が良いのが特徴ですが、審査は受けなければなりません。排気量の高いバイクは車以上に高価なこともあります。
そのため、頭金を支払い、残りをローンにする人が多いようです。基本的には車よりバイクの方が低価格で購入できるので、それに伴ってローンの融資金額もさほど多くはならないといいます。車はすでに持っていても、行き先や状況によってバイクを使う方が便利なこともあります。以前乗っていたバイクを売却して次のバイクの購入資金に充てることもできます。バイク販売をしているディーラーの多くがローンを斡旋していて、そのローンを利用することで新しいバイクを購入しやすくなるというメリットもあります。
銀行で取り扱っている目的型ローンの中には、オートローンにバイクが含まれているところもあるので問い合わせてみると良いでしょう。
ほとんどのオートローンの場合、審査がありますが比較的融資額の少ないバイクの場合、借入しやすいそうです。
バイク購入のためにローンを組むとき、いろいろな選択肢があるので返済条件や金利を比較して納得のしたうえで利用しましょう。

学生のキャッシング

キャッシングとは、金融会社から一定の条件でお金を借りることをいいます。あらゆる金融会社が積極的にキャッシングサービスの便利さや簡単さを大々的に宣伝していることもあり、キャッシングはずいぶんと身近なものになりました。
消費者金融の場合、少額のキャッシングの審査条件はそれほど厳しくないので、収入の無い学生や専業主婦でもその場でキャッシングできることがあります。
学生専用クレジットカードを作っていて、学生がキャッシングを利用しやすいようにしているところもあります。
多くの学生が、学生専用のキャッシングカードを利用して金融会社から融資を受けているといわれていましたが、2010年の6月に貸金法が改正されて以来、そういうわけにもいかなくなったと言われています。
学生がクレジットカードを作る時は、申込み時に保護者の同意と印鑑が必要でした。
クレジットカードにはキャッシング枠がありますが学生は安定した収入がないので、貸金法の改正によってキャッシング枠がなくなることが増え明日。
学生用のクレジットカードのキャッシング枠も今ではほとんどが0円です。
学生生活には、勉強に遊びにお金を用意しなければいけない機会があります。軽い気持ちで利用していたキャッシングが使いづらくなって困っている人もいるようですが、予算内で済ませるなどの堅実さが求められる時代なのかもしれません。

電気料金のクレジット払いと注意点

電気料金のクレジット払いにはどのような注意点があるのでしょうか。
最近はクレジットカードが使えるところが増えて、使い勝手がよくなりました。クレジットカード決済で得するコツは、できるだけ同じカードを使って効率的にポイントを貯めることです。
これまでは口座振替で支払っていた電気料金を、クレジットカード払いに変更する人は年々増えているようです。
引越しする場合などは、口座振替からクレジットカードへの変更が簡単に手続きできます。インターネットでも支払い方法の変更手続ができるし、電力会社に電話をかけて手続きに必要な用紙を郵送してもらう方法もあります。
支払い方法の変更で二重引き落としなどのトラブルが起きないようにするには、電話をかけてしっかり確認した方が良いといわれています。
カード決済の金額が多くなりやすい人は、どのくらいの金額をカード支払いをしたかを常に把握して引落ができるように口座にお金を入れておくが大切です。
口座の残高を確認せずにクレジットカードを利用すると、請求金額に足りず残高不足で引落ができないことがあります。
クレジットカードは、盗難や紛失のリスクもあるので、万一カード関係のトラブルが発生した場合にはクレジットカードを解約することもあるでしょう。
その際、クレジットカードでの支払い手続きをしていたところに連絡をする必要がありますので、何をクレジットカードで支払っていたかをきちんと把握しておくことも大切です。
クレジットカードの登録情報の変更や解約をした時には、忘れないように連絡しましょう。

電気料金のクレジット払い

毎月必ず支払う公共料金をクレジット払いにすると、クレジットカードのポイントがたまります。
ポイントの貯まりかたやその他サービス内容は、各クレジットカード会社によって異なりますが、電力会社のクレジットカードで電気料金の支払いをすると、ポイントが有利に貯まることがあるでそうです。
東京電力のクレジットカード「スイッチカード」は、電気料金のポイントが2倍になります。他にもいろいろな条件があり、オール電化にしているとポイントが4倍になることもあるそうです。
また、ゴールド会員になると電気料金の支払いでポイントが3倍になります。
貯まったポイントは商品券にして使うことができます。年会費は初年度無料なので、電気料金でポイントをためるならとりあえず入会して使ってみても損はないといえそうです。
スイッチカードは、電気代の支払いだけでなく日常の買い物でも使用することができます。
VISAやMASTERが選択できるので、幅広く活用することが可能です。電気料金や公共料金の支払いをするのにおすすめのクレジットカードにオリコカードがあります。オリコカードは、決済額が高いほうがポイントの割合が良くなるので、電気料金以外の支払いもまとめてオリコカードで決済することで、お得にポイントを貯めることができます。

電気料金とクレジット

電気料金は、クレジットを利用して支払うことができます。現在ではクレジットカードを使用した買い物は一般化していて、まったく珍しくなくなっています。
日用品や食品の買い物でもクレジットカードを使用する人が多く、電子マネーの普及もあり、最近では現金の所持率が減っているそうです。
ポイントシステムのあるクレジットカードは、カード決済のたびに利用額に応じたポイントが貯まるようになっていて、お得に活用できます。
以前は、ガスや電気料金など公共料金の支払いは、口座振替でおこなうのが一般的でしたが、最近はクレジットカードで公共料金の支払いができる地域もあります。
東京電力では、口座振替での支払いの場合50円の割引サービスが受けられますが、クレジットカードでの支払いでは適用されません。ただし、クレジットカードのポイントは貯まるので損をすることはないといえるでしょう。
毎月の電気料金が常に5000円を超えている場合、クレジットカードで支払ったほうがお得になるといわれています。ポイントの貯まり方やサービス内容はクレジットカード会社によって異なりますし、電気料金も家庭によって異なります。
クレジットカードによっては年会費がかかる場合もあるので、電気料金を支払うためだけにクレジットカードを作るのは、お得ではないかもしれません。

ローンのシミュレーション方法

ローンの返済シミュレーションにはいくつかの方法があります。
ローンを利用する際に大切なのは、返済可能な金額以上の融資は受けないことです。返済金額をどのくらいに設定するかということと、完済までどのくらいの期間がかかるのかということは正確に把握しておきましょう。
返済シミュレーションは、ローンを利用する前に返済計画を立てるために必要なものです。ローンを利用する場合、利息がつきますが、金融会社の貸し付け条件によってその金利は異なります。金利が高ければその分返済総額も高くなります。
シミュレーションをしてみて初めて、金利によってどのくらい返済総額が高くなるか実感する人も多いようです。
返済シミュレーションは、金融会社のホームページやローン情報サイトの試算ページで簡単にすることができます。
借入金額と利率、返済期間や月々の返済金額などを入力すると試算できます。返済金額や回数などを変更して、いろいろな角度で返済の計画を立てて見られることが返済シミュレーションのメリットです。
シミュレーションなら、数字を入れ替えたり調整したりするのに手計算の手間や手続きもなく、好きなだけ試すことができます。
ローンを上手に使うためには、まずシミュレーションを使いこなしてみることをおすすめします。

ローンシミュレーションはローンを理解してから

ローンのシミュレーションをするためには、ローンの仕組みを理解しておくことが大切です。
最近はネットで手軽に返済シミュレーションができるので、しっかりと仕組みを理解した上でシミュレーションツールを使ってみましょう。
基本的な仕組みがわかっていれば、臨機応変にローンの一本化や繰り上げ返済などの対処ができるようになります。
ローンの返済は、月に一度、一定額を確実に返済していくことが不可欠です。ローンのシミュレーションでは、月々いくらずつ返済するかによって完済までの期間などを知ることができます。
ローンは、大きく分けると元利均等返済方式、元金均等返済方式、リボルビング返済方式に分類することができます。
毎月一定の金額を返済するのが、元利均等返済方式です。
返済金額のうち、元金と利息の割合が少しずつ変わってきます。内訳が変わるだけで月々の返済額は一定なのでわかりやすいのが特徴です。
借入額に対する返済額が毎月一定で、借入額の減少に伴って金利が減るのが、元金均等返済方式です。
返済期間の後半で返済がラクになる分、初めの頃は返済額が高くなります。
ローンの返済方法でもっとも多いのが、リボルビング返済方式です。毎月の返済額を事前に決めて、完済するまで月々その金額を返し続けるのがこの方法です。
ローンシミュレーションは、ローンについて理解してからおこなうと良いですね。

ローンのシミュレーションをする必要性

ローンを利用する場合、事前に返済シミュレーションをしっかり行うことが大切です。シミュレーション通りに返済できる目途が立っていれば、お金を借りることはそれほど悪い行為ではないといえるでしょう。
上手に使えば、ローンは手持ちの資産を有効に活用する良い方法と成り得ます。ローンの返済に失敗して金銭的なトラブルに陥っている人は少なくありません。
しかし、うまく付き合えば、ローンは大きな味方になってくれるでしょう。
特に、住宅ローンのような高額のローンは、人生の中で避けては通れないこともあります。思わぬトラブルで返済計画が崩れる場合もありますし、返済期間が長いので見通しが立てにくいこともあります。
ローンの返済計画は、現在のライフステージに沿ってしておくことが大切です。計画通りに返済ができれば、完済も予定通りにできる可能性は高いでしょう。
シミュレーションをしておくとその予行演習ができるので、無理をして取り返しのつかない状況になることは避けられます。
本来、ローンは資金を有効に使って生活を快適にするために組むものです。そのローンが生活を圧迫して経済的に困窮してしまうのは本末転倒です。転ばぬ先の杖として、ローンを利用する前は綿密にシミュレーションをおこなうようにしましょう。