化粧品と美容液

美容液は、スキンケアの中でも重要な役割を占めるアイテムです。
肌が乾燥しやすい人は、化粧品が肌に合うかどうかという点に神経質になる人が少なくありません。化粧水やクリームでは肌の乾燥対策が充分にできないので、保湿効果の高い美容液を使用している人も多いようです。
肌の乾燥は、しみ、しわ、たるみ、大人にきびなど、あらゆる肌トラブルにつながります。
乾燥するのは持って生まれた肌質だからしかたないと思い込んでいる人もいますが、化粧水、乳液、美容液によるスキンケアで肌質は改善することができます。
乾燥しやすい冬だけでなく、日差しが強い時期には紫外線の影響で肌が乾燥しやすくなります。乾燥を放置すると、バリア機能や保湿機能が低下し、ますます肌が乾燥しやすくなってしまいます。乾燥肌は、肌がとてもデリケートで刺激を受けやすい状態です。
季節や体調によっては今まで使っていた化粧水や美容液が肌に合わなくなることもあります。
肌の乾燥は、美容液や化粧水をたっぷりつけたからといって改善するわけではありません。肌
が乾燥して過敏になっているときに美容液をつけすぎると、栄養過多になって肌が美容液に負けてしまうことがあります。乾燥が気になるときは、敏感肌用の化粧品など、低刺激の美容液を使用しながら様子を見ましょう。