乾燥肌の原因は間違ったスキンケアとは

家系的に乾燥肌になりがちだという方もいますが、乾燥肌の多くは肌に合わないスキンケアや、年齢の影響によるものなどです。先天的な要素で乾燥肌になっている場合、その背景にアトピーがある場合もあります。乾燥肌対策をどうするかをよく考えなければならないでしょう。生まれつきの乾燥肌だと思っていたものが、普段のお手入れや年齢の影響によって肌の水分が少なくなっていたためというケースも存在します。男性ホルモンが体内から減少することによって、男性の場合は50歳、女性は20代半ばで既に皮脂が分泌されにくくなるそうです。あまり知られていないが多くの原因とされているのが間違ったスキンケアによっておこる乾燥肌です。洗浄力の強い油性ジェルやオイルクレンジングでスキンケアを続けていると、本来なら肌に留まるべき皮脂成分まで取り去ってしまい乾燥を促進している場合があります。しっかりとつけたメイクを落としたい時だけ、オイルクレンジングを使うなどの工夫が大事です。乾燥肌になる原因のひとつに、洗顔時に熱すぎる湯を使っている場合があります。また、顔を洗う時に強くこすりすぎたり、ファンデーションをつける場合にスポンジで肌をこすりすぎると角質層の剥離を促し、肌の水分が蒸発しやすく刺激に敏感になってしまうといいます。肌は、適度な油脂を分泌することで皮膚にフタをし、水分が逃げていかないようにすることで乾燥肌を防いでいると言われています。生まれつきの乾燥肌や、年を取ったための乾燥肌であれば根本的な理由を取り除くことはできませんが、スキンケアが間違っていたのであれば、今すぐにでも対策ができるでしょう。顔の洗い方に気を配るだけでも乾燥肌に水分が戻ることもあります。正しいスキンケアのためもにも、顔の洗い方や化粧品の使い方を見直してみてください。