月別アーカイブ: 2017年10月

電気料金とクレジット

電気料金は、クレジットを利用して支払うことができます。現在ではクレジットカードを使用した買い物は一般化していて、まったく珍しくなくなっています。
日用品や食品の買い物でもクレジットカードを使用する人が多く、電子マネーの普及もあり、最近では現金の所持率が減っているそうです。
ポイントシステムのあるクレジットカードは、カード決済のたびに利用額に応じたポイントが貯まるようになっていて、お得に活用できます。
以前は、ガスや電気料金など公共料金の支払いは、口座振替でおこなうのが一般的でしたが、最近はクレジットカードで公共料金の支払いができる地域もあります。
東京電力では、口座振替での支払いの場合50円の割引サービスが受けられますが、クレジットカードでの支払いでは適用されません。ただし、クレジットカードのポイントは貯まるので損をすることはないといえるでしょう。
毎月の電気料金が常に5000円を超えている場合、クレジットカードで支払ったほうがお得になるといわれています。ポイントの貯まり方やサービス内容はクレジットカード会社によって異なりますし、電気料金も家庭によって異なります。
クレジットカードによっては年会費がかかる場合もあるので、電気料金を支払うためだけにクレジットカードを作るのは、お得ではないかもしれません。

ローンのシミュレーション方法

ローンの返済シミュレーションにはいくつかの方法があります。
ローンを利用する際に大切なのは、返済可能な金額以上の融資は受けないことです。返済金額をどのくらいに設定するかということと、完済までどのくらいの期間がかかるのかということは正確に把握しておきましょう。
返済シミュレーションは、ローンを利用する前に返済計画を立てるために必要なものです。ローンを利用する場合、利息がつきますが、金融会社の貸し付け条件によってその金利は異なります。金利が高ければその分返済総額も高くなります。
シミュレーションをしてみて初めて、金利によってどのくらい返済総額が高くなるか実感する人も多いようです。
返済シミュレーションは、金融会社のホームページやローン情報サイトの試算ページで簡単にすることができます。
借入金額と利率、返済期間や月々の返済金額などを入力すると試算できます。返済金額や回数などを変更して、いろいろな角度で返済の計画を立てて見られることが返済シミュレーションのメリットです。
シミュレーションなら、数字を入れ替えたり調整したりするのに手計算の手間や手続きもなく、好きなだけ試すことができます。
ローンを上手に使うためには、まずシミュレーションを使いこなしてみることをおすすめします。

ローンシミュレーションはローンを理解してから

ローンのシミュレーションをするためには、ローンの仕組みを理解しておくことが大切です。
最近はネットで手軽に返済シミュレーションができるので、しっかりと仕組みを理解した上でシミュレーションツールを使ってみましょう。
基本的な仕組みがわかっていれば、臨機応変にローンの一本化や繰り上げ返済などの対処ができるようになります。
ローンの返済は、月に一度、一定額を確実に返済していくことが不可欠です。ローンのシミュレーションでは、月々いくらずつ返済するかによって完済までの期間などを知ることができます。
ローンは、大きく分けると元利均等返済方式、元金均等返済方式、リボルビング返済方式に分類することができます。
毎月一定の金額を返済するのが、元利均等返済方式です。
返済金額のうち、元金と利息の割合が少しずつ変わってきます。内訳が変わるだけで月々の返済額は一定なのでわかりやすいのが特徴です。
借入額に対する返済額が毎月一定で、借入額の減少に伴って金利が減るのが、元金均等返済方式です。
返済期間の後半で返済がラクになる分、初めの頃は返済額が高くなります。
ローンの返済方法でもっとも多いのが、リボルビング返済方式です。毎月の返済額を事前に決めて、完済するまで月々その金額を返し続けるのがこの方法です。
ローンシミュレーションは、ローンについて理解してからおこなうと良いですね。

ローンのシミュレーションをする必要性

ローンを利用する場合、事前に返済シミュレーションをしっかり行うことが大切です。シミュレーション通りに返済できる目途が立っていれば、お金を借りることはそれほど悪い行為ではないといえるでしょう。
上手に使えば、ローンは手持ちの資産を有効に活用する良い方法と成り得ます。ローンの返済に失敗して金銭的なトラブルに陥っている人は少なくありません。
しかし、うまく付き合えば、ローンは大きな味方になってくれるでしょう。
特に、住宅ローンのような高額のローンは、人生の中で避けては通れないこともあります。思わぬトラブルで返済計画が崩れる場合もありますし、返済期間が長いので見通しが立てにくいこともあります。
ローンの返済計画は、現在のライフステージに沿ってしておくことが大切です。計画通りに返済ができれば、完済も予定通りにできる可能性は高いでしょう。
シミュレーションをしておくとその予行演習ができるので、無理をして取り返しのつかない状況になることは避けられます。
本来、ローンは資金を有効に使って生活を快適にするために組むものです。そのローンが生活を圧迫して経済的に困窮してしまうのは本末転倒です。転ばぬ先の杖として、ローンを利用する前は綿密にシミュレーションをおこなうようにしましょう。

リフォームローンの審査

リフォームローンを組むときは、他のローンと同様、審査に通る必要があります。
審査の内容や基準は金融会社によって異なり、ほとんど公表はされていません。
審査に通らなかった場合に担当者に問い合わせても、その理由や審査内容は教えてもらえないことが多いようです。
審査について不安があっても、リフォームローンはほとんどの場合は無事に審査に通るようなので心配いりません。
ただし、リフォームローンはある程度収入があれば誰でも通ると思っている人もいるようですが、それはまちがいです。
金融会社は、収入が高いことより安定していることを重視する傾向にあります。そのため、同じように収入があっても歩合給の職業より、固定給の職業に就いている人のほうが審査に通りやすいといわれています。
そして、リフォームローンの審査は、これまでローンの滞納経験がある人や他社で高額ローンを組んでいるという人は通りにくいようです。
審査に通りやすいのは教職や公務員、もしくは勤続年数の長い人です。転職をした人も年収がアップしていることが証明できれば影響がない場合もあります。
無理をしてリフォームローンを組んでいる場合は、厳しいでしょう。審査に通るためには、無理のない返済計画が立てられるような金額で申し込むことがポイントになります。

リフォームローンの減税措置

リフォームローンの減税措置には、どのようなものがあるかご存じですか?
住宅ローンに減税措置があることは広く知られていますが、リフォームローンにも税制上の優遇があるようです。
平成21年からの税制改正によって住宅ローン減税が拡充され、中古住宅のリフォームや増改築にも適用されるようになりました。
控除対象となるためにはいくつかの条件があります。
間取りや水回りの改築のような大規模なリフォームを計画している場合、リフォームローン控除について知っておくと良いでしょう。
リフォームローンの控除対象になるかどうかは、融資を受ける金融機関や地域の税務署に問い合わせるとわかります。
リフォームローンを組むと、当然手数料や利息が発生しますが、控除の対象になればその手数料を控除分でまかなうことができるかもしれません。
自己資金でリフォームをするよりもお得です。
控除の金額は、年末のローン残高の1%となります。所得税で控除しきれない分の一定金額は住民税から控除することもできます。
所得が少ない場合は、ローンの負担を軽減しやすいように控除できます。適切なリフォームローン控除を受けるためには、事前に控除条件や必要書類について把握しておいた方が良いでしょう。

リフォームローンとは

リフォームローンには、どんな特徴があるのでしょうか。
家を建ててから何年か経過し、リフォームをしたいと思っているけど、住宅ローンがまだ残っているからどうしよう…と思っている人は意外に多いそうです。
手持ちの資金の範囲内でリフォーム済ませようと計画しても、実際に日程や工事内容を決めていくとその予算をはるかに上回る費用がかかることが判明してビックリということもあります。
そんな時に役立つのが、リフォーム費用の融資が受けられるリフォームローンです。住宅の新築や新規購入ほど高額にはならないリフォームローンは利用しやすいローンといえます。
リフォームローンは、住宅ローンと同様、公的ローンと民間ローンに分類されます。
民間融資では、いろいろな金融機関がリフォームローンを取り扱っていて、公的ローンは自治体融資、住宅金融公庫融資、年金住宅融資などがあります。
1,000万円を越える高額の融資を希望する場合や、返済期間が中長期にわたる場合は、固定金利制のリフォームローンがおすすめです。
短期間で返済する予定なら、変動金利制の民間の低金利リフォームローンを利用すると良いでしょう。
条件によっては、返済総額を低く抑えることができます。
ローンを選ぶ時は、いくつかを比較して条件に見合ったものを選びましょう。
判断が難しい場合は、ファイナンシャルプランナーなどの専門家にアドバイスしてもらうのもおすすめです。

ダイエット効果のある成分を含んだサプリメント

ダイエットサプリメントは、多くの人の関心を集めています。
ダイエット効果があるといわれている栄養素を含んだサプリメントは、大きく分けると2つに分類されています。
ひとつは、食べ物に含まれてる炭水化物が脂肪にならないよう、炭水化物の吸収をカットする成分を含んだサプリメントです。
もうひとつは、体に付いた脂肪をエネルギーにかえるための手助けをする成分を含んだサプリメントです。
上手にサプリメントを取り入れることで、効率的にダイエットを進めることができるでしょう。
炭水化物の吸収をカットする成分には、ギムネマやコタラヒム、フォセオラミンといった成分があります。
一度に多くの炭水化物を摂取すると、体内のブドウ糖が増えてインシュリンが分泌しきれず、脂肪がつきやすくなります。
これらの成分には、炭水化物や糖がブドウ糖に変化しないようにする効果があるので、ごはんや甘いものが好きな人のダイエットに適しています。
体に付いた脂肪をエネルギーにかえる手助けをする成分は、アミノ酸、カルチニン、αリボ酸、コエンザイムQ10などです。
これらの成分は、脂肪の代謝をサポートしてくれます。
どちらの成分も配合したダイエットサプリメントもあるようです。
ダイエットをするときには、どのタイプのサプリメントが自分に合っているかよく検討しましょう。
サプリメントのダイエット効果は、体質や生活習慣、食事や運動量、ダイエット方法などによっても違ってきます。
脂肪燃焼系のサプリメントは、まったく運動しない人にはあまり効果はありませんが、積極的に身体を動かす生活をする人のダイエットには大きな力になるでしょう。

サプリメントを利用したダイエット

ダイエットするとき、サプリメントを使用する人が増えています。
ダイエット法は、流行りすたりも含めて実にたくさんの種類があります。
そんなダイエット方法の中で、サプリメントを使用するダイエット法にはどのようなものがあるでしょうか。
ダイエットの王道は、カロリーコントロールと適度な運動ですが、サプリメントを取り入れることでダイエット効果がアップするのならぜひとも取り入れてみたいものですよね。
サプリメントを使用したダイエットをするには、減量のメカニズムを知ることが大切です。
人気の体は、食事によって必要なエネルギーを得ていますが、取り入れすぎたエネルギーは脂肪として一時的に体内に蓄えられます。
脂肪の増加を抑えることで体重は増えなくなり、現時点で体内に蓄えられた脂肪を燃焼させることで体重を減らすことができます。
ダイエットのためにサプリメントを使用する場合、脂肪の蓄積を抑えたり、蓄積されている脂肪の燃焼を促進させる効果を持つ成分を取り入れることが大切です。
代謝を活発にする成分が配合されたサプリメントを使用することで、ダイエットの効率が良くなります。
サプリメント自体には、脂肪分解や脂肪を体外に出す効果を持つものは存在しません。サプリメントが持っているのは、脂肪の燃焼を促進したり、脂肪の燃焼に必要な成分を補充したりする間接的な役割だけなのです。
そのため、飲むだけで痩せるサプリメントなどはこの世に存在しないのですが、効率アップを狙うならサプリメントの使用は有効といえるでしょう。

美肌になるスキンケア

美肌になりたいと思わない女性はいないでしょう。
今よりも透明感やハリがあり、すべすべした美肌になるためにはどのようなスキンケアをすればよいのでしょうか。
その答えは、人それぞれ違う美肌の定義に合ったケアをすることです。
キメが細かくシミやシワのない弾力のある美肌になりたいと願うのは、30代以降の女性に多いそうです。
若い頃は、ピチピチしてすべすべの赤ちゃんのような美肌になりたい人が多いようですね。
毎日のお手入れに使う化粧品に気を配り、洗顔後にはすぐに化粧水で保湿をするなど、日ごろから積極的にスキンケアをしている女性はたくさんいます。
しかし中には、間違った方法でスキンケアをしてしまっている場合もあるようです。
スキンケア化粧品は、使う人の肌質に合っているかどうかで、効果の出方はずいぶん変わります。
まずは洗顔と保湿ケアを正しくおこなうのがスキンケアのポイントとなります。
肌への負荷を軽減するには、メイク落としのクレンジングを正しくおこなうことが重要です。
洗浄力が強いクレンジング剤は、メイクをするりと落とすことができますが、その分肌に負担がかかり、皮脂を取りすぎてしまうので、乾燥しやすくなります。
かといって洗浄力が不足したクレンジング剤を使うと、メイク汚れが肌に残ってくすみや毛穴つまりの原因になってしまいます。
美肌効果のある化粧品はたくさんありますが、肌との相性が良いことが最優先です。
肌に合った化粧品を見つけて肌が本来持つ力を引き出し、トラブルが起きにくい状態にすることができるスキンケアを心がけましょう。