脱毛後は感動的なほど気持ちよく過ごせる!

アンダーヘアの脱毛をしたいけど、エステで人前にさらすのがどうしても恥ずかしくて踏み出せないという人は多いと思います。

エステでアンダーヘアの脱毛をするとき、どんな格好でするのか気になりますよね……。

まず履いている下着は脱ぎます。なので下着姿を見られることはありません。自分の下着を脱いだ後の流れはサロンによってことなりますが、多くのエステでは使い捨ての紙ショーツを着用することになるようです。ショーツは別料金になるところもあるようなので要確認!

施術前後のスキンケア化粧品や、施術用のジェルが付着しても、使い捨てショーツなら安心です。施術用のベッドの上では脱がないといけないのでしょ? と思われそうですが、実際にはほとんどのエステで、少しずつ紙ショーツをずらして脱毛をしていきます。

それにしても恥ずかしいと思う人もいると思いますが、エステティシャンは、たくさんのお客さんの施術をおこなっているプロなので、淡々と作業をこなしてくれます。最初は緊張すると思いますが、リラックスして任せておけばいいのです。

次に気になるのは痛みのことですが、VIOでいうと、Iが一番痛いといいますね。皮膚が柔らかい部分なので多少の痛みはあると思いますが、脱毛後は感動的なほど気持ちよく過ごせるといいますので、我慢する価値は十分にありそうです。

プリート ハイジニーナは、無駄なく、賢く、安心して効果的に脱毛することができるので安心ですね。水着を着るために、身だしなみのために、生理時の不快感から解放されるために……。

全身脱毛のカウンセリング時に確認しておきたいこと

全身脱毛のカウンセリング時に確認しておきたいことを考えてみましょう。

まずチェックしておきたいポイントは、どの部分の脱毛を含んだ「全身」脱毛なのかということです。全身脱毛といってもエステサロンやクリニックによってその内容は異なります。

全身すべすべの美肌を手に入れるためには、カウンセリングで聞いた内容についてすべて納得してから契約したいものですよね。全身脱毛の内容に、自分が希望する部位がすべて含まれているかが大切です。

エステサロンによっては、脱毛箇所が細かくわかれていて、いくつか好きな部位を選んだらほかの部位は別料金になるということもあります。

特に注意したいのが、顔やVIOラインが全身脱毛コースに含まれていないことがあるという点です。そのあたりはしっかり話を聞いて、もし別料金になる場合はいくらかかるのかを明確にしておきましょう。

また、キャンセル時にペナルティが発生するのかということも気になります。脱毛予約日が近づいて急に生理がはじまった場合など、やむを得ずキャンセルや予約の変更をすることがあると思いますが、柔軟に対応してもらえない場合は、コース全終了前に期限切れになるなどのことが起きてしまいます。

そのほか、痛みがどの程度あるのか、サロンの衛生状態、予約の取りやすさなども重要なチェックポイントになるでしょう。

 

多くのサロンは生理中のアンダーヘアの脱毛は禁止

Vラインの脱毛を受けるとき、気になるのが、生理中の場合、施術はどうなるんだろう? ということは知っておきたいですね。

大手エステサロンの場合、ほとんどのサロンが生理中のアンダーヘアの脱毛は禁止しています。ワキ、腕、脚など、ほかの部分は基本的に脱毛OKですが、中には生理中はすべての部分の脱毛はお断りしているというところもあるようです。

その理由としては、生理中は普段とホルモンバランスが違っていて、肌が過敏になりやすい時期ということです。ヘアカラーやパーマでさえ、生理中はキレイに仕上がらないことがあるといわれているくらいです。

皮膚に直接光を照射する脱毛は、普段はまったく問題なくても生理中は痛みを強く感じたり、赤みやかゆみが出るおそれがあります。肌トラブル回避のためにも、生理中の脱毛については慎重になったほうがいいかもしれません。

Vライン脱毛の場合、紙ショーツに着替えるので生理中は衛生面においても脱毛はNGということで理解しておきましょう。予約日が生理に重なりそうになったときは、ギリギリにならないように早めに予約の変更をしましょう。きちんとしたサロンの場合、生理のための予約変更でペナルティが課せられるようなことはほとんどありません。

 

ビキニライン脱毛の施術の手順

エステサロンでビキニラインの脱毛を受ける場合の施術の手順についてご紹介しましょう。まず一番気になるのは、下半身裸で施術を受けるの…? ということだと思います。

たとえたくさんのお客さんの施術をしているスタッフとはいえ、やっぱり人前で下着を脱いで……、と考えると顔から火が出そう! 絶対無理!と思う人が多いかもしれませんね。

でも、ほとんどのエステでは、施術前に専用のガウンに着替えて、紙ショーツを着用します。ショーツを付けたまま施術用のベッドに横たわり、施術する部分だけ見えるようにして施術を受けます。

光を照射するときは、やや脚を開き気味にしますが、それほど大きく開くわけではないのでそれほど恥ずかしがることもありません。スタッフの方にいわれたとおりにしておけば大丈夫です。

紙ショーツを少しずつ寄せながら脱毛する部位に光を照射します。デザインを決める初回の施術ではマーカーで印をつけながら形を作ります。施術は淡々と進むので、人前で下半身を露出するという感覚はそれほど感じなくてすむでしょう。

光を照射するのもほんの数分で終わります。施術後はクーリングをして終了。1回の施術はあっという間に終わってしまいます。初回の緊張さえ乗り越えれば、あとはきっと大丈夫です。

痛みに弱い人は、痛くないサロンもある!

ビキニラインの脱毛をしたいと思っている人のなかでも、痛みはどうなの? という不安を持っている人は多いのではないでしょうか。ちょっとでも人目に触れるだけでも耐えられない恥ずかしさなのに、そのうえ歯を食いしばって痛みを我慢しながら脱毛をするなんて、耐えられませんよね。

では、実際ビキニラインの脱毛はどのくらい痛いのでしょうか。まず、よくエステの脱毛の痛みは輪ゴムでパチンとはじくような痛み、と表現されることが多いのですが、これには個人差やエステサロンのマシンによってもずいぶん違ってきます。

ワキの脱毛の場合、事前にしっかり冷却などのケアをしてもらえば、光の照射のたびに一瞬だけチクッとするくらいで、痛みに耐えられないことはないと思います。

ビキニラインは、皮膚が薄くデリケートなので、ワキよりもかなり痛みに敏感です。ですから、ワキよりは痛みが強く出やすい部分ではあります。特にVIO脱毛のIラインは相当痛みがあるといわれているので、痛みに弱いけれどなんとかアンダーヘアをキレイに整えたいという人は、事前にしっかりネットでリサーチしてみてください。

痛みの感じ方は個人差もありますが、痛くないサロンというのも存在します。その、痛くないと評判のサロンを見つけてカウンセリングを受けましょう。その時も、痛みに弱いということは伝えておいたほうがいいでしょう。

 

VIO脱毛が恥ずかしいのは当事者だけ

Vラインの脱毛をするとき、いくら個室のエステでもエステティシャンにはあられもない姿をさらすことになるので、若い女性にとっては、やっぱり恥ずかしい……。ということになってしまいます。

でも最近、VIO脱毛やハイジニーナが話題になっているので、私も、デリケートゾーンの脱毛をやってみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

格安脱毛ができるワキや、人目に触れるのでなんとかしておきたいという腕、脚の脱毛はすませているという人も、VIO脱毛は勇気がいりますよね。

実際エステのベッドで下半身をさらすなんて本当に考えただけで恥ずかしくなってしまいますが、考えてみると、エステのほうはすでに何百人、何千人もの顧客のお手入れをしているんですよね。

毛深いとか、毛の生え方が広範囲で気になるとか、そういった悩みは当事者は深刻になっていますが、エステティシャンにとっては普通のことで、どうってこともなくただきちんとした仕事をするだけ!ということなんです。

VIO脱毛は下半身裸でおこなうのかと思っている人もいるようですが、紙ショーツを履いた状態でおこないます。

ブランケットもかけてもらえるので、恥ずかしさは最初のときだけであとはすぐに慣れますよ。アンダーヘアの脱毛が終わると、どんな下着や水着のショーツも楽しめるし、とにかく快適になるのでおすすめです。

 

痩身エステ

ダイエットにはいろんな方法がありますが、最近は痩身エステでダイエットに成功する人が増えているようです。
そうはいっても、エステのダイエットコースや痩身法にはいろんな方法があるので、どんなコースが自分に合っているのか、どんなコースが本当に痩せるのか、わからないですよね。
自分の体質や太り方、痩せやすさに合ったコースで効率的に痩せるのが一番ですが、見極めは難しいと思います。
たくさんの痩身コースの中から、もっとも自分に合ったものを選びたいですね。
多くのエステが取り入れていて、根強い人気があるのがマッサージです。
これはコリをほぐすマッサージとは少し違って、主にリンパの流れと血行を良くするマッサージです。
まずは溜まったリンパをスムーズに流して、老廃物が溜まった状態を改善することから始めるのはとても効果があるんですよ。
冷えやストレス、運動不足、栄養バランスの偏りなど、複合的な原因でリンパの流れは悪くなります。
そうすると代謝が落ちて、冷え症、便秘、むくみなどが起きやすくなります。
むくみは放置するとそのまま脂肪になると言われているので注意が必要です。
リンパドレナージュと同時にキャビテーションをおこなうことでより脂肪が落ちやすくなるので、本気でダイエットしたい場合にはキャビテーションをチェックしてみるのもいいと思います。